• アクセス
  • 緩和ケア相談
03-3394-1010
メニュー
  • menu
  • 電話
  • アクセス
在宅医療メインビジュアル

在宅医療への取り組み

在宅で過ごされる方とご家族の医師を尊重し。その人らしく安心して療養していただけるような看護の提供を目指しています。また、緩和ケアにも積極的に取り組んでいます。

在宅医療とは

在宅医療では、医師や看護師が定期的に「患者様のご自宅」を訪問し、医療面でのケアを行います。また、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、ケアマネージャーなど、各分野の専門家と連携し、患者様とご家族をバックアップします。

<在宅医療の適応>
○ 退院後の療養生活において
○ 通院が困難であったり、寝たきりの状態
○ 外出により症状が悪化してしまうような状態
○ 住み慣れた自宅での療養を望む場合
○ 在宅緩和ケア
○ ターミナルケア・看取り

訪問診療 患者様が、住み慣れた居住地で、安心して療養生活を送れるよう、医師が定期的にご自宅を訪問し、診療を行います。
>>詳しくはこちら
訪問看護 看護師が、ご自宅を定期的に訪問し、在宅療養に必要な看護を、医師の指示に基づいて行います。
>>詳しくはこちら
介護支援 ケアマネージャーがご自宅で療養するためのケアプランを作成します。また介護保険申請や医師、看護士、ヘルパーなどと連携しています。
>>詳しくはこちら
訪問リハビリテーション 理学療法士が、ご自宅を定期的に訪問し、脳卒中による後遺障害や、老齢に伴う寝たきりの防止など、運動機能の維持・向上を図ります。
>>詳しくはこちら

図

在宅医療を導入するには

まず、在宅医療が適しているかどうか医師や看護師にご相談ください。患者様の状態に応じて、在宅医療を行うための生活環境を整えます。また、介護保険などの公的制度を活用することも大切ですので、その手続きを必要に応じて行います。

Copyright © 2015 KOSHIKAWAHOSPITAL.
All rights reserved.