訪問診療

訪問診療訪問診療


当院の訪問診療では、病院医師が直接訪問診療致します。
そのため高度な医療処置や医療機器を用いた訪問もご相談により可能です。
同一法人内に訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所が併設されており
患者様、利用者様をトータルでサポートする事が可能です。

訪問診療イメージ

  • 状態悪化時の
    入院対応も
    当院でスムーズに
    対応致します。
  • 在宅療養で最期まで
    療養をご希望の際も
    対応可能です。
  • 当院の訪問診療は
    24時間対応
    しております。

※しかしながら、病院医師が対応しておりますので、病状悪化時の対応、緊急対応は病院に搬送し対応することもあります。


在宅医療の適応

  • 通院が困難であったり、
    寝たきりの状態
  • 外出により症状が
    悪化してしまうような
    状態
  • 住み慣れた自宅での
    療養を望む場合
  • 在宅緩和ケア
  • ターミナルケア・看取り

診療体制と診療内容

病院医師7名で訪問診療に伺っています。
主治医制となっており、毎週あるいは隔週に1回、定期的にご自宅を訪問します。

診察、血圧測定、酸素飽和度測定、採血検査、薬剤調整、処方箋発行など
訪問緩和ケアも行っており、医療用麻薬も扱っています。
ご自宅でのお看取りにも対応致します。

午前
大久保
好士
× 越川
大久保
× 小池
遠藤
× ×
午後
小池
遠藤
大久保
遠藤
前田 古田
前田
好士
前田
× ×
午前 大久保
好士
× 越川
大久保
× 小池
遠藤
× ×
午後 小池
遠藤
大久保
遠藤
前田 古田
前田
好士
前田
× ×

訪問範囲

杉並区、練馬区、武蔵野市、西東京市、三鷹市の各エリア
※詳細な訪問範囲についてはご相談ください。

  • ※病状の変化があった場合は、まず訪問看護にご相談ください。状況を確認し対応をお伝えします。緊急性がある場合は病院に搬送し対応することもあります。
  • ※訪問診療と往診の違いについて 訪問診療は定期外来通院の代わりに計画的に医師がご自宅へ診察に伺うことを指します。往診は病状の悪化により予定外でご自宅へ診察に伺うことを指します。お看取りの場合は24時間体制で当番医がご自宅を訪問し診察を行います。
  • ※お薬が必要な場合は処方箋を発行します。ご家族が調剤薬局に処方箋を持っていき引き換えられるか、訪問調剤を行っている調剤薬局にお薬を届けてもらう方法があります。
  • ※訪問診療には軽自動車で伺います。

訪問診療相談について

訪問診療をご希望の方はまず在宅診療相談を受診していただきます。

診療情報提供書の作成

主治医に当院在宅診療相談受診の希望を伝え、診療情報提供書の作成を依頼してください。
病院に医療連携室がある場合にはご相談いただくと
在宅診療相談の予約までがよりスムーズです。

診療相談予約

患者様・ご家族様あるいは医療ソーシャルワーカーから当院地域相談室へお電話ください。
在宅診療相談の予約をお取りします。

訪問診療相談

まず医師と30分ほどで病状確認、今後の方針、当院での治療内容などの説明・相談があります。
その後、費用について医事課より説明から説明があります。

訪問診療の方針を決定したのち、
訪問診療を開始します。

1:在宅調整目的の入院が必要な場合、
入院の予約をお取りします。
入院を経て、在宅療養へ移行となります。

2:そのまま在宅訪問診療開始の場合、
次回在宅訪問の予約をお取りします。

訪問看護については越川訪問看護ステーションのホームページをご覧ください。